ダム浪漫 TOP 最初に 用語説明 ダムの紹介 掲示板 ブログ リンク集 サイトマップ
Since 2005/10/10   ダム浪漫 Presented by ふむふむ

《 奈良俣ダム 》 ならまただむ


ダムランク ダムの
規模
ダム湖の
規模
迫力 景観
美観
充実度
総 評 関東でも屈指の規模を誇るダムだけに、観光客も多く施設も充実しています。また、日本最大の体積を持つ堤体は雄大かつとても美しいです。
堤頂部を往復で見学し、PR施設から堤体内まで見学すると、時のたつ速さに驚きます。迫力ランクがAに留まっているのは、このダムから受ける印象として美しさの方が際立っているためなのですが、下流側から見上げた時の巨大洪水吐の迫力は感動ものです。

奈良俣ダム
ロックフィルダムとしては、高瀬ダムに次ぐ国内第2位の高さを誇り、堤頂長も長い為に堤体積では国内トップに君臨します。その姿は雄大かつ壮観でありながら非常に美しいダムです。

奈良俣ダム
堤頂部駐車場のすぐ脇が洪水吐になっています。

奈良俣ダム
堤頂部は広いですが車両の進入は禁止で、歩行見学者のみOKとなっています。ちなみに対岸まで歩く人はほとんどいません。堤頂長が520mですから、往復すると1キロ超えますものね。(笑

奈良俣ダム
奈良俣ダム
左岸側から見たダム堤体です。 ダム湖側から見た美しいロックフィル。

奈良俣ダム
洪水吐ですが・・・ 巨大です。

奈良俣ダム
奈良俣ダム
堤頂部から見たゲート。右側に見える施設は大きな方がPR施設で、小さい方がトイレです。奥にはみやげもの屋もあります。 常用洪水ゲート(非常用ゲート2箇所に挟まれた中央部)を上から覗き込んだところです。

奈良俣ダム
洪水吐を下から仰ぎ見ると・・・ すごい迫力。

奈良俣ダム
奈良俣ダム
堤頂部から下流側を見たところです。 ダム右岸側の階段です。観光者向けに解放されていますが・・・ 人の姿はありません(笑

奈良俣ダム
奈良俣ダム
ダム建設中に使われた仮水路です。 ダム下から堤体右岸に通じる見学路の写真です。通路にはタイルが貼られていて、利根川水系の地図になっています。

奈良俣ダム
奈良俣ダム
PR館で申込みをすれば、堤体内の監査廊を案内してもらえます。(実施時期と時間は要確認) 内部はまさにアリの巣状態なのですが、この写真は堤体直下の直線部分で、すごく長い・・・です。監査廊内部の温度は年間を通じて約10度だそうです。

奈良俣ダム
「奈良俣ダム」なのに「ならまた湖」です。

奈良俣ダム
これは、奈良俣ダムへの導水施設(湯ノ小屋沢川)に設けられたゴム堰の写真です。(堤高=2.5m)


可憐なクレスト放流はこちら


ダム概要 ダム形式 ロックフィルダム
河川名 楢俣川(利根川水系)
所在地 利根郡水上町大字藤原字奈良俣
堤サイズ 堤高:158.0m   堤頂長:520.0m   堤体積:13,100千m3
ダム湖 ダム湖名称:ならまた湖(ならまたこ)
総貯水量:90,000千m3    有効貯水量:85,000千m3
水位 設計水位
サーチャージ水位
常時満水位
洪水期制限水位
最低水位
EL ---.-m
EL 888.8m
EL 888.8m
EL 881.0m
EL 880.0m
用途 洪水調節/不特定用水/かんがい/上水道用水/工業用水道用水/発電
竣工 1990年
管理主体 独立行政法人 水資源機構
PR施設等 奈良俣ダム資料室「ヒルトップNARAMATA」 [HP


群馬県のダムに戻る