ダム浪漫 TOP 最初に 用語説明 ダムの紹介 掲示板 ブログ リンク集 サイトマップ
Since 2005/10/10   ダム浪漫 Presented by ふむふむ

《 三河沢ダム 》 みかわさわだむ


ダムランク ダムの
規模
ダム湖の
規模
迫力 景観
美観
充実度
総 評 湯西川温泉の更なる奥地に設けられたダムで、数値上のイメージよりは大きさや迫力を感じるダムです。この規模では異例の迫力Aを付けようかまよった程です。(展望箇所は高所なのに湖面や河川位置が低いのと、あちこち手摺が低いせいもあると思います)また、ダムサイトに到着するまでに自然を満喫できる事もあり景観ランクはAランクとしました。

湯西川温泉を過ぎしばらく走ると左手に「三河沢ダム」の表示が目に入ります。「着いた〜!」と思った次の瞬間右の写真が目に・・・ 左写真の橋を渡ると2又になっており、ダム方面のはずの右に曲がると・・・「うっ!」 ここも人を近づけないダムなのか・・・ 

よく読んでみると「車両通行禁止」? これは徒歩ならOKという事だと判断し、車を停めて歩くことにしました。 道路は三河沢川沿いに設けられており、なだらかな舗装路なので歩き易いです。

20分ほど歩くと白い堤体が見えてきました。 なんと! ここまで登って来て行き止まりか!
いえいえ、道路は写真の左方に曲がっており、ダムサイトまで行く事ができました。

右岸側から撮ったダムの全景写真です。まだ新しいのでコンクリート表面も美しかったです。常用吐部分のコンクリートは屋根が付いた家のような形をしていましたが、何かデザイナーの拘りがあったのでしょうね。下の方から僅かに出ている水は河川維持用だと思われます。

ダムサイト脇にあった展望所と説明パネルです。ちゃんと見学者用の施設がありました。 ダムサイトにはこんな立て札まであるじゃないですか!という事で遠慮なく申出てまいりましたです。ハイ。

右岸側から見た堤頂部の様子です。手摺下部に少しコンクリートが出ており、下流側の写真撮影時などには上りたくなりますが上ると手摺が低く感じて怖いです。

その、怖い思いをしながら撮った減勢工の様子です。

左岸側から見たダム堤体です。対岸にトンネルの入口があるのがわかるかな?このトンネルをくぐり抜けるとダムサイトに到着するのですが、これが歩けど歩けど前に進む感じがしない不思議なトンネルでした。

ダム天端から見た右岸側の様子です。2階建ての建物が管理事務所です。

ダム湖側から見たダム堤体です。ダム天端の橋状部分がプレキャストで後載せされた感じが見て取れます。堤体中央に常用洪水吐、その左に取水設備が設けられています。

2つ上の写真に写っている橋の上からダム湖越しに見たダム堤体です。山の奥地で自然を満喫しながらの眺めは最高です。道路は落石の危険が高いとのことでダム竣工後に閉鎖になったとのことですが、復旧して多くの人に見てもらいたいような、でも自然が・・・って微妙ですよね。


ダム概要 ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名 三河沢川(利根川水系)
所在地 塩谷郡栗山村
堤サイズ 堤高:48.5m   堤頂長:97.5m   堤体積:58千m3
ダム湖 総貯水量:899千m3    有効貯水量:829千m3
水位 設計洪水位
サーチャージ水位
常時満水位
洪水期制限水位
最低水位
EL 894.6m
EL 892.5m
EL 878.0m
EL ---.-m
EL 870.8m
用途 洪水調節/河川維持用水/上水道用水
竣工 2003年
管理主体 栃木県
PR施設等 特にありません


栃木県のダムに戻る