ダム浪漫 TOP 最初に 用語説明 ダムの紹介 掲示板 ブログ リンク集 サイトマップ
Since 2005/10/10   ダム浪漫 Presented by ふむふむ

《 柿元ダム 》 かきもとだむ


ダムランク ダムの
規模
ダム湖の
規模
迫力 景観
美観
充実度
総 評 雨畑ダムと共に日本軽金属が所有する発電専用のダムで、クレスト部に管理事務所(無人でした)を持つ重力式のコンクリートダム。ダムもダム湖も規模的には中規模、景観美観も特筆するものはなくBランク、しかし下流側からの迫力満点ショットが撮れたのはラッキーでした。

柿元ダム
林道・・・ とまでは言わないが、舗装の状態があまり良くない狭道を走って行くと、右手にダム堤体が顔を出します。

柿元ダム
右岸側から見たダムの全景写真です。下に車が見えますが一般車両はここの100mほど手前で通行止めになっているのでダム管理関係者のものでしょうか?堤頂部は広くは無いものの歩行見学が可能で、対岸側まで歩くと下流側へも降りる事が出来ます。

柿元ダム
柿元ダム
右岸側から見た堤頂部です。ゲートがありますが開いていました。 堤頂部は中央付近(クレストゲート付近)のみ下流側へせり出した形になっています。

柿元ダム
左岸のダム湖側から見たダム堤体です。堤体中央付近でダム湖側に突き出た部分がありますが、これは取水の為の設備だと思われます。

柿元ダム
左岸側に近い堤頂部から撮ったダム湖の写真です。湖名の由来はわかりませんがちょっと気になりますね。

柿元ダム
柿元ダム
堤頂部から下流側を覗き込んだところです。水は干上がった状態でした。 左岸側にあった謎の工作物の写真。右側は取水口かもしれません。

柿元ダム
柿元ダム
堤頂部の左岸側にあった「バイク通行禁止」の看板。 ダム堤体の下部にあった蓋付の謎穴。

柿元ダム
ダムの左岸側から下流側へ降りる事が出来ます。見上げた時の迫力はなかなかです。クレスト部にはローラー式ゲートが5門設けられています。ゲート状でありながら白い壁を有している部分はその上部が管理事務所になっていました。

柿元ダム
下流側kら見上げたダム堤体の勇姿です。クレストゲート5門は変則的に設置されており、向かって右側の導流壁のみが途中で曲がっていました。そしてこの写真でも右下に穴が見えます。(発電用水の排水口?


ダム概要 ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名 佐野川(富士川水系)
所在地 南巨摩郡南部町
堤サイズ 堤高:46.1m   堤頂長:215.0m   堤体積:93千m3
ダム湖 ダム湖名称:天使湖(てんしこ)
総貯水量:7,592千m3    有効貯水量:7,185千m3
水位 設計水位
サーチャージ水位
常時満水位
洪水期制限水位
最低水位
EL ---.-m
EL ---.-m
EL ---.-m
EL ---.-m
EL ---.-m
用途 発電
竣工 1952年
管理主体 日本軽金属
PR施設等 特にありません


山梨県のダムに戻る